本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

工場配電(第6版)

工場配電(第6版)

今求められる工場配電の知識をまとめた!

これまで
・1970年 工場配電
・1978年 工場配電 改訂版
・1989年 工場配電 新版
・2000年 最新 工場配電
・2011年 工場配電
と版を重ねてきた工場電気技術者必携書の改訂版。

本書が版を重ねていくうちに、高度経済成長期に多くの工場が建設された時代から、建設された工場設備の老朽化による更新工事が主流となる時代へと変わっていきました。これに伴い、従来の工場電気設備技術に加え,限られた場所、工期でどのように建設・更新工事を行うかが課題となってきています。加えて、熟練技術者の高齢化、人材の空洞化により、十分に技術伝承できないまま、経験の浅い技術者が建設を担当する状況も増えてきています。また、環境対策や災害対策が、より一層求められるようになってきています。

そこで、今回の改訂では、若手・中堅技術者をおもな対象として、現状の工場電気技術者の要求、ベテラン技術者の知識・経験から伝承すべき事項、最新技術・規格・基準等をまとめ、工場配電の現代的なあるべき姿を記載しました。

「これから経験を重ねていく若手エンジニア」をはじめ、「工場における電気を知りたいと思った方」「工場電気設備の新設および更新を計画・設計する方」「電気設備についてちょっと確認したい方」に役に立つようにまとめています。
第1編 計画
 第1章 基本計画
 1・1 現地調査
 1・2 基本設計方針
 1・3 設計項目
 1・4 法令の遵守
 1・5 工程上の注意事項
 1・6 リプレースの場合の注意事項
 1・7 図書・図面の整備の重要性

 第2章 系統計画
 2・1 負荷調査と負荷容量の算定
 2・2 受電方式・種別の決定
 2・3 受電電圧および給電事情
 2・4 配電方式の決定
 2・5 母線方式の決定

 第3章 その他留意事項
 3・1 電気関連法規・規格と申請・届出
 3・2 電力契約
 3・3 系統連系

第2編 系統設計
 第1章 電圧
 1・1 配電電圧
 1・2 電圧変動と電圧降下計算法
 1・3 電動機負荷を含む電圧降下の計算方法
 1・4 電圧変動対策
 1・5 高調波対策
 1・6 不平衡電圧対策
 1・7 異常電圧対策
 1・8 瞬時電圧低下対策
 1・9 停電対策

 第2章 故障計算
 2・1 系統と故障
 2・2 短絡電流の計算
 2・3 地絡故障の計算
 2・4 計算機による系統解析の応用

 第3章 保護リレーシステム
 3・1 保護リレーシステムの目的と機能
 3・2 保護の対象と方式
 3・3 受電回路の保護方式
 3・4 配電系統の保護方式
 3・5 電力機器の保護方式

 第4章 機器配置計画
 4・1 変電所構成
 4・2 変電所の配置
 4・3 変電所内電気機器配置

第3編 設備設計
 第1章 電力機器
 1・1 受変電用機器
 1・2 高圧制御機器
 1・3 低圧制御機器
 1・4 受配電設備の形態
 1・5 電動機

 第2章 保安電源設備
 2・1 非常用発電機
 2・2 直流電源装置,蓄電池
 2・3 UPS(無停電電源装置)
 2・4 瞬低補償装置

 第3章 ケーブル・バスダクト
 3・1 電力用電線・ケーブル
 3・2 ケーブルの終端接続部・中間接続部
 3・3 バスダクト
 3・4 制御・計装・光ファイバケーブル

 第4章 接地
 4・1 接地の目的
 4・2 系統接地
 4・3 設備・装置の接地
 4・4 接地工事

第4編 運転管理設計
 第1章 電力管理
 1・1 デマンド管理
 1・2 電圧管理
 1・3 力率管理

 第2章 支援システム
 2・1 運用支援
 2・2 保守支援
 2・3 業務支援

第5編 環境・防災対策設計
 第1章 設置環境対策
 1・1 防爆対策
 1・2 静電気対策
 1・3 小動物対策
 1・4 振動対策
 1・5 塩害・腐食対策
 1・6 その他設置環境対策

 第2章 災害対策
 2・1 地震対策
 2・2 浸水対策
 2・3 火災対策
 2・4 強風対策
 2・5 火山灰対策

第6編 施工
 第1章 施工計画
 1・2 施工前の計画
 1・3 施工中の管理業務

 第2章 主要工事
 2・1 基礎工事
 2・2 据付け工事
 2・3 ケーブル工事
 2・4 その他工事

 第3章 試験・検査
 3・1 外観検査
 3・2 接地抵抗測定
 3・3 絶縁抵抗測定
 3・4 絶縁耐力試験
 3・5 シーケンス試験
 3・6 負荷試験
 3・7 使用前自主検査と使用前安全管理審査
 3・8 人工地絡試験

第7編 設備の保全と更新
 第1章 設備の保全
 1・1 設備の劣化
 1・2 保全の形態
 1・3 保全計画
 1・4 保守点検
 1・5 設備の延命化

 第2章 設備の更新
 2・1 設備更新の考え方
 2・2 ライフサイクルコスト