本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細


世界を一枚の紙の上に
歴史を変えたダイアグラムと主題地図の誕生

世界を一枚の紙の上に

  • 著者大田 暁雄
  • 定価4,950円 (本体4,500円+税)
  • 判型B5
  • 272頁
  • ISBN978-4-274-22785-1
  • 発売日2021/12/17
  • 発行元オーム社
  • 紙の書籍を買う

お問合せ

常備書店一覧

内容紹介

これは、「科学」なのか、「美術」なのか? グラフィックデザインのモダニズム、ここに始まる。

いまから200年以上前に制作された、一枚の図。
この図は、「近代デザインの父」とされるモリスらの活動を
半世紀以上も先行していただけでなく、
現代のダイアグラム表現を凌駕する、高度な領域に達していた!?

デザイン史を揺さぶるこのグラフィックは、なぜ、制作されたのか。
「世界を描く」という不可能に挑戦した人たちの
知られざる科学的グラフィズム150年の軌跡。

雑誌『アイデア』の好評連載を待望の書籍化。
アレクサンダー・フォン・フンボルトからオットー・ノイラートまでの
科学的グラフィズムの壮大な物語。

----------------
19世紀初頭の西欧は、「世界を視覚化する」という
いまだかつてない課題に直面していた。

自然現象の分布と生き物との相互連関を描く「生態系」の概念が生まれ、
科学の発展が「世界」を記述可能なものへと後押しし、
市民の台頭により「社会」全体を把握する必要性が出てきたのである。

巨視的で、かつ不可視な対象である「世界」を描くために、
ダイアグラムや主題地図などの新しい表現が次々に生み出された。

この作業を担ったのは、科学者、地図学者、官僚
あるいは画家といった、デザインの非専門家たちであった。
----------------

【推薦の言葉、続々!】

中野 豪雄(アートディレクター・グラフィックデザイナー)
「関係づけ、比較し、体系立てる
 “世界”を描く視覚表現の起源を紐解く
 画期的な論考」

三中 信宏(進化生物学者・生物統計学者)
「情報を描く、知が見える
 可視化の世界観がいま明らかに」

真鍋 真(古生物学者・恐竜学者・国立科学博物館 標本資料センター長)
「19世紀の一枚の絵図から始まった
 情報デザインのルーツとその進化」

目次

ダウンロード

ダウンロードデータはございません。

正誤表

正誤表はございません。

この商品をシェアする