本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

マンガでわかる 
数理最適化

  • 著者中山 舜民橘 海里 作画オフィスsawa 制作
  • 定価2,860円 (本体2,600円+税)
  • 判型B5変
  • 208頁
  • ISBN978-4-274-23200-8
  • 発売日2024/05/24
  • 発行元オーム社
  • 紙の書籍を買う
  • 電子書籍を買う

お問合せ

常備書店一覧

内容紹介

マンガのストーリーで最適化の数式の意味(数学記号、計算式など)と具体的な例題で実務が学べる。

 中学、高校の数学で関数の最大、最小を学習したのでないでしょうか。それが実務の何の役に立つとかというと利益は最大がよいし、損失は最小がよいのがわかります、つまりこれが最適化なのです。最適化は大学ではOR(Operations Research)または経営科学という学問で勉強します。数学のレベルは大学1年で学ぶ線形代数がわかっていることが前提になります。とはいえ最大、最小のイメージがあれば複雑な計算を100%理解していなくても実践することはできます。
 本書はマンガを使ってまず概要をつかみ、マンガを補う本文部分は実務に役立つ例題で数式は最小限でできるものを用意し、まずは苦手意識を取り除きます。近年はPythonで簡単にできるのでプログラムを作ろうとしますがその前にこの本を買って勉強していただければPythonによる最適化もスムースにできるようになります。

目次

ダウンロード

ダウンロードデータはございません。

正誤表

正誤表はございません。

この商品をシェアする