本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

完全図解 シーケンス制御のすべて

完全図解 シーケンス制御のすべて

  • 著者大浜 庄司
  • 定価3,960円 (本体3,600円+税)
  • 判型A5
  • 344頁
  • ISBN978-4-274-50729-8
  • 発売日2019/03/16
  • 発行元オーム社

シーケンスの基礎から実務までを1冊で絵とき解説した実務入門書

 リレーシーケンス制御、無接点シーケンス制御、ディジタル制御の基礎から実務までを完全絵ときで解説した入門書。
(1)シーケンス制御を構成する機器の配置と配線を立体的に図解し、制御系全体の構成が理解できる。
(2)シーケンス制御の基本回路を、リレーシーケンス図、無接点シーケンス図、ディジタル回路図で示して理解できる。
(3)シーケンス制御設備の動作順序を1つ1つシーケンス図に示し、スライド写真のように制御動作が理解できる。
(4)シーケンス制御動作の順序にしたがって動作番号が記載され、番号を追っていくことで動作が理解できる。
(5)シーケンス動作で形成されている回路を矢印で示しているので、一目で理解できる。
 本書は、初めてシーケンス制御を学ぶ人の入門書として、企業内再教育のテキストとしてご活用いただける書籍です。
第1章 シーケンス制御に用いられる用語
1-1 機能に関する用語
1-2 機器に関する用語

第2章 シーケンス制御に用いられる機器のいろいろ
2-1 操作スイッチと検出スイッチ
2-2 制御リレーとタイマ
2-3 表示機器と警報機器

第3章 シーケンス制御とはどういうものか
3-1 シーケンス制御とフィードバック制御6
3-2 シーケンス制御に用いられる図のいろいろ

第4章 電気用図記号の書き方
4-1 おもな電気機器の図記号
4-2 手動操作接点の図記号と動作
4-3 手動操作自動復帰接点の図記号と動作
4-4 電磁リレー接点の図記号と動作
4-5 電磁接触器の構造と図記号および動作
4-6 開閉接点図記号の対比(新旧JIS 図記号)
4-7 接点機能図記号と操作機構図記号の表し方

第5章 文字記号・制御器具番号の表し方
5-1 文字記号の表し方と機能記号
5-2 文字記号としての機器記号
5-3 シーケンス図における文字記号の表し方
5-4 制御器具番号とはどういうものか
5-5 制御器具番号の構成のしかた
5-6 補助記号とはどういうものか

第6章 シーケンス図の書き方
6-1 シーケンス図の書き方の決まり
6-2 開閉接点を有する図記号の状態
6-3 電磁リレー・電磁接触器の表し方
6-4 シーケンス図の縦書きと横書き
6-5 シーケンス図の制御電源母線のとり方
6-6 シーケンス図の接続線の書き方
6-7 各種記号によるシーケンス図の表し方

第7章 シーケンス制御の基本回路の読み方
7-1 動作回路と復帰回路の読み方
7-2 接点の直列回路の読み方
7-3 接点の並列回路の読み方
7-4 自己保持回路の読み方
7-5 インタロック回路の読み方
7-6 選択回路の読み方
7-7 表示灯回路の読み方
7-8 無接点リレー回路の読み方
7-9 論理回路の読み方

第8章 自家用受電設備のシーケンス制御
8-1 電磁操作方式による遮断器の構造と動作
8-2 直流式電磁操作方式による遮断器の制御回路
8-3 交流式電磁操作方式による遮断器の制御回路
8-4 自家用受電設備の試験回路

第9章 空調設備のシーケンス制御
9-1 空調設備の制御方式
9-2 ボイラの自動運転制御
9-3 ファンコイルユニットの運転制御

第10章 エレベータ設備のシーケンス制御
10-1 エレベータの記憶制御回路
10-2 エレベータの方向選択制御回路
10-3 エレベータの表示灯制御回路〔Ⅰ〕
10-4 エレベータのドア開閉制御回路(ドア閉)
10-5 エレベータの運行指示制御回路
10-6 エレベータの始動制御回路(主回路)
10-7 エレベータの表示灯制御回路〔Ⅱ〕
10-8 エレベータの停止準備制御回路
10-9 エレベータの停止制御回路(主回路)
10-10 エレベータの呼び打消制御回路
10-11 エレベータのドア開閉制御回路(ドア「開」)
10-12 3階までのエレベータ設備

第11章 給排水設備のシーケンス制御
11-1 フロートレス液面リレーを用いた給水制御
11-2 異常渇水警報付き給水制御
11-3 フロートレス液面リレーを用いた排水制御
11-4 異常増水警報付き排水制御
11-5 ビルの給排水衛生設備

第12章 コンベヤ・リフト設備のシーケンス制御
12-1 コンベヤの一時停止制御
12-2 荷上げリフトの自動反転制御

第13章 ANSI 論理記号の読み方
13-1 ANSI 論理記号とはどういうものか
13-2 ANSI 論理記号AND とOR の表し方
13-3 ANSI 論理記号NAND の表し方
13-4 ANSI 論理記号NOR の表し方
13-5 ANSI 論理記号のAND 表示・OR 表示
13-6 NAND・NOR によるAND・OR・NOT 機能の表し方

第14章 ディジタル回路の基本回路の読み方
14-1 禁止回路の読み方
14-2 切換回路の読み方
14-3 一致回路の読み方
14-4 排他的OR 回路の読み方
14-5 自己保持回路の読み方
14-6 インタロック回路の読み方

第15章 時間差の入ったディジタル回路
15-1 タイムディレイ回路とはどういうものか
15-2 動作時遅延タイムディレイ回路の読み方
15-3 復帰時遅延タイムディレイ回路の読み方
15-4 電子タイマ回路の読み方
15-5 単安定マルチバイブレータ回路の読み方
15-6 双安定マルチバイブレータ回路の読み方

第16章 ディジタル回路の入・出力回路
16-1 入力回路の読み方
16-2 出力回路の読み方

第17章 ディジタル回路のいろいろの活用例
17-1 ディジタル回路による電動機の始動制御
17-2 ディジタル回路による電動機の時限制御

索引

関連書籍