本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

学窓から眺めた日本と世界そして電気 随想101話

学窓から眺めた日本と世界そして電気 随想101話

  • 著者関根 泰次
  • 定価1,572円 (本体1,429円+税)
  • 判型四六
  • 272頁
  • ISBN978-4-88686-257-0
  • 発売日2007/06/23
  • 発行元電気学会・通信教育会

近年の日本そして世界の世相を工学博士の観の眼で描いた随想集!

本書は、電気新聞の時評欄「ウェーブ」に掲載された記事を、101篇になったのを機に集大成し「技術啓発書シリーズ」として出版するものである。「時評」の題材は、文明論から大学問題、著者の専門である電気工学に関する技術等々、内外多岐にわたっており、随所に「観の目」が感じられる。電気工学の専門には固執することなく一般の読者に興味を抱いていただける好著である。