本文へスキップします。

H1

オーム社オンラインスクール
「基礎力養成コース 電験三種 《電力》」

固定ボタンモジュール
講座案内

サンプル動画

講座名

基礎力養成コース 電験三種 《電力》

講座内容

電験三種試験合格のために、まず「理論」科目を徹底的に学習することが必須ですが、「電力」科目は暗記が大半で、計算問題もパターンがある程度決まっています。そのため、発電、変電、送電、配電をシステムとしてとらえ、どのような設備がどのような役割を持っているか、運用上の現象と対策についての理解に絞った学習が効果的です。

この講座では、「電力」科目で特に重要な項目
・発電(水力、火力、原子力その他)
・送電/配電(交流理論、設備・器具・装置など)
の内容を8時間に凝縮。基本的な用語・公式の徹底理解と問題の解き方を、スライド・白板を用いた講義動画で解説します。
動画は講座のご購入から1年間視聴可能ですので、何度でも繰り返し復習することができます。

※講座で使用するスライド資料は、『電験三種 やさしく学ぶ電力(改訂2版)』(オーム社刊)をもとに作成したものです。別途ご購入いただくことで、講義で解説した内容をより深く学ぶことができます。

収録動画の一覧リスト(PDF)はこちらから

ご利用料金

定価 22,000円(税込)

視聴可能期間

視聴可能期間

ご購入当日から1年間

※購入日を起点として、翌年同月同日の前日23時59分59秒までとなります。
例)2020/12/01 20:15 に購入手続きが完了した場合、2021/11/31 23:59 までが視聴可能期間

購入方法

ご購入方法

「オーム社オンラインスクール」会員ページへログインいただき、ご購入手続きをすすめてください。
※会員登録がお済みでない方は、新規会員登録をお願いいたします。
会員登録・講座ご購入の手順はこちらから >>

講師プロフィール:山下先生

講師プロフィール

山下 明(やました あきら)氏

1991年大阪府出身。高校在学中に電験三種試験に合格。大阪市立大学工学部(電子・物理工学科)在学中に、工業高校で使用される「電気基礎」の教科書を発行。1947年に教科書検定制度が開始されて以降、大学生が個人で文部科学省検定済教科書を発行するのは初めてのことであり、大きな話題となった。

大学卒業後は大阪府内の工科高校に勤務ののち、執筆・講師活動へ入る。月刊誌「新電気」で2014年より「やさしく語る電気のイメージ 電気理論の入門講座」を連載開始(現在は「やさしく語る電気のイメージ 電気機器の入門講座」を連載中)、企業への出張講習も行うなど多忙な日々を送っている。