本文へスキップします。

H1タイトル

【東京開催】昭電主催・オーム社「電気と工事」共催 無料セミナー
2024年版 設計・施工者向け!雷害対策の最新動向

コンテンツ

本講座について

近年、落雷が日本各地で多発し多くの電気設備に被害をもたらしています。落雷の増加は、地球温暖化による気温上昇や都市部にみられるヒートアイランド現象により、落雷原因となる積乱雲の発生しやすい気候変化の影響といわれています。同様に電気、電子機器の雷被害も増加しています。落雷の増加が原因であるものの、それに加えて電子回路の高密度化、省電力化による弱耐圧化が原因と考えられています。特に監視カメラシステムやIoT・ネットワーク機器の被害が急増しており、多くの相談が寄せられています。

そこで、みなさまに「雷害対策の最新動向」について学んでいただく機会としてご好評頂いております本講習会を今年もリアルとWebにて開催いたします。設備設計や施工者向けに雷サージ保護対策におけるSPDの選定、設置、施工を詳しく解説します。ぜひこの機会にご参加ください。


過去東京開催時の様子

開催概要

開催日 2024年4月25日(木)
※詳しい講義項目は、こちら からご確認ください。
開催時間 13時30分~16時30分(予定)
開催場所 秋葉原UDX NEXT-1(セミナー会場)、NEXT-2(展示会場)
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F
アクセス
主 催 株式会社昭電
共 催 株式会社オーム社「電気と工事」編集部
受講料 無料
定 員 対面100名/Web配信無制限
*申込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。なお、同業者の方は、お断りさせていただきますのでご了承ください。
申込み期限 4月3日(水)17:00まで
Web配信は開催当日まで可
主な対象者 設備設計・施工担当者、設備管理者
問い合わせ先 株式会社オーム社 広告グループ
TEL:03-3233-0531/FAX:03-3293-6889

プログラム

主催者挨拶

時間13:30~13:45

第1講 SPDによる雷サージ保護対策

講師(株) 昭電 雷対策システム部 次長 垣内 健介
時間13:45~14:45(1時間)
オーム社出版の雑誌「電気と工事」2023年1月号から連載中の「SPDによる雷サージ保護対策」の内容を基に、正しいSPDの選定、設置、施工方法について解説します。今回は、各種通信設備の具体的な雷対策、接地の共用と、接地間用SPD、太陽光発電設備の雷対策について説明します。

第2講 最新SPDとアプリケーションの紹介

講師(株) 昭電 雷対策システム部 主任 奥 知大
時間15:00~15:45(45分)
各種設備の雷対策に最適な最新SPDを、具体的なアプリケーションと共に紹介します。漏電遮断器用の接地がある分電盤、SDGsで注目される直流システム、接地工事不要(2PE付コンセントがある場合)、各種通信設備などに最新SPDを適用する方法など。

第3講 監視カメラの雷被害と対策

講師(株) 昭電 雷対策システム部 兼 技術ソリューション推進室 副部長 鈴木 淳一
時間16:00~16:30(30分)
監視カメラの雷被害が増加しており、SPDを設置しても防げなかったケースも多くみられます。ここでは有効なSPDの施工方法について、現場目線で解説します。

※都合により変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

お申込みはこちら

対面セミナー お申込みフォーム

Web配信 お申込みフォーム

*ご来場の方(対面)には特別テキストを配布予定!ぜひご参加ください。