本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

マスタリングTCP/IP 入門編 第4版

マスタリングTCP/IP 入門編 第4版

大好評のマスタリングTCP/IPを時代に合わせて大幅に刷新。TCP/IP解説書の決定版!

インターネット接続のための標準プロトコルであるTCP/IP!
本書は、大ベストセラーの『マスタリングTCP/IP 入門編』を時代に合わせて大幅に新訂、新しいトピックを追加した、改訂第4版。分かりやすい解説によってTCP/IPを学ぶことで、プロトコル、インターネット、ネットワークについての理解が深まる。
*この本には改訂版があります
『マスタリングTCP/IP 入門編(第5版)』
■第1章 ネットワーク基礎知識
1.1 コンピュータネットワーク登場の背景
1.1.1 コンピュータの普及と多様化
1.1.2 スタンドアロンからネットワーク利用へ
1.1.3 コンピュータ通信から情報通信環境へ
1.1.4 情報ネットワークの役割
1.2 コンピュータとネットワーク発展の7つの段階
1.2.1 バッチ処理(Batch Processing)
1.2.2 タイムシェアリングシステム(TSS)
1.2.3 コンピュータ間通信
1.2.4 コンピュータネットワークの登場
1.2.5 インターネットの普及
1.2.6 インターネット技術中心の時代へ
1.2.7 「単につなぐ」時代から「安全につなぐ」時代へ
1.2.8 すべての鍵を握るTCP/IP
1.3 プロトコルとは
1.3.1 プロトコルがいっぱい!
1.3.2 パケット交換とプロトコル
1.3.3 プロトコルを会話で考えると
1.3.4 コンピュータでのプロトコル
1.4 プロトコルの標準化
1.4.1 コンピュータ通信の登場から標準化へ
1.4.2 標準化
1.5 プロトコルの階層化とOSI参照モデル
1.5.1 プロトコルの階層化
1.5.2 会話で階層化を考えると
1.5.3 OSI参照モデル
1.5.4 OSI参照モデルの各層の役割
1.6 OSI 参照モデルによる通信処理の例
1.6.1 7階層の通信
1.6.2 セッション層以上での処理
1.6.3 トランスポート層以下での処理
1.7 通信方式の種類
1.7.1 コネクション型とコネクションレス型
1.7.2 ユニキャスト、マルチキャスト、ブロードキャスト
1.7.3 回線交換とパケット交換
1.8 ネットワークの構成要素
1.8.1 通信媒体とデータリンク
1.8.2 ネットワークインタフェース
1.8.3 リピーター
1.8.4 ブリッジ/レイヤ2スイッチ
1.8.5 ルーター/レイヤ3スイッチ
1.8.6 ゲートウェイ
■第2章 TCP/IP基礎知識
2.1 TCP/IP登場の背景とその歴史
2.1.1 軍事技術の応用から
2.1.2 ARPANETの誕生
2.1.3 TCP/IPの誕生
2.1.4 UNIXの普及とインターネットの拡大
2.1.5 商用インターネットサービスの開始
2.2 TCP/IPの標準化
2.2.1 TCP/IPという語は何を指す
2.2.2 TCP/IP標準化の精神
2.2.3 TCP/IPの仕様書RFC
2.2.4 TCP/IPプロトコルの標準化の流れ
2.2.5 RFCの入手方法
2.3 インターネットの基礎知識
2.3.1 インターネットとは
2.3.2 インターネットとTCP/IPの関係
2.3.3 インターネットの構造
2.3.4 ISPと地域ネット
2.4 TCP/IPプロトコルの階層モデル
2.4.1 TCP/IPとOSI参照モデル
2.4.2 ハードウェア(物理層)
2.4.3 ネットワークインタフェース層(データリンク層)
2.4.4 インターネット層(ネットワーク層)
2.4.5 トランスポート層
2.4.6 アプリケーション層(セッション層以上の上位層)
2.5 TCP/IPの階層モデルと通信例
2.5.1 パケットヘッダ
2.5.2 パケットの送信処理
2.5.3 データリンクを流れるパケットの様子
2.5.4 パケットの受信処理
2.5.5 ヘッダはプロトコルの顔
■第3章 データリンク
3.1 データリンク
3.1.1 MACアドレス
3.1.2 媒体共有型のネットワーク
3.1.3 媒体非共有型のネットワーク
3.2 イーサネット(Ethernet)
3.2.1 イーサネットにはいろいろな種類がある
3.2.2 CSMA/CD方式
3.2.3 半二重通信と全二重通信
3.2.4 イーサネットのフレームフォーマット
3.3 MPLS(Multi-protocol Label Switching)
3.3.1 MPLSとは
3.4 無線通信
3.4.1 無線通信の種類
3.4.2 IEEE802.11
3.4.3 IEEE802.11b、IEEE802.11g
3.4.4 IEEE802.11a、IEEE802.11n
3.4.5 無線LANを使用する場合の留意点
3.4.6 Bluetooth
3.4.7 WiMAX
3.5 PPP(Point-to-Point Protocol)
3.5.1 PPPとは
3.5.2 LCPとNCP
3.5.3 PPPのフレームフォーマット
3.5.4 PPPoE(PPP over Ethernet)
3.6 ATM(Asynchronous Transfer Mode)
3.6.1 ATMの特徴
3.6.2 ATMと上位層
3.7 その他のデータリンク
3.7.1 FDDI(Fiber Distributed Data Interface)
3.7.2 Token Ring
3.7.3 100VG-AnyLAN
3.7.4 ファイバーチャネル(Fiber Channel)
3.7.5 iSCSI
3.7.6 HIPPI
3.7.7 IEEE1394
3.7.8 DOCSIS
3.7.9 高速PLC(高速電力線搬送通信)
3.8 データリンク技術の変化
3.8.1 スイッチング技術
3.8.2 ループを検出するための技術
3.8.3 VLAN(Virtual LAN)
■第4章 IPプロトコル
4.1 IPはインターネット層のプロトコル
4.1.1 IPはOSI参照モデルの第3 層に相当
4.1.2 ネットワーク層とデータリンク層の関係
4.2 IPの基礎知識
4.2.1 IPアドレス
4.2.2 経路制御(ルーティング)
4.2.3 データリンクの抽象化
4.2.4 IPはコネクションレス型
4.3 IPアドレスの基礎知識
4.3.1 IPアドレスとは
4.3.2 IPアドレスはネットワーク部とホスト部から構成される
4.3.3 IPアドレスのクラス
4.3.4 ブロードキャストアドレス
4.3.5 サブネットマスク
4.3.6 CIDRとVLSM
4.3.7 特別なIPアドレス
4.3.8 IPアドレスは誰が決める
4.4 経路制御(ルーティング)
4.4.1 IPアドレスと経路制御(ルーティング)
4.4.2 経路制御表の集約
4.5 IPの分割処理と再構築処理
4.5.1 データリンクによってMTUは違う
4.5.2 IPデータグラムの分割処理と再構築処理
4.5.3 経路MTU探索(Path MTU Discovery)
4.6 ARP(Address Resolution Protocol)
4.6.1 ARPの概要
4.6.2 ARPの仕組み
4.6.3 IPアドレスとMACアドレスは2つとも必要?
4.6.4 RARP(Reverse Address Resolution Protocol)
4.6.5 代理ARP(Proxy ARP)
4.7 ICMP(Internet Control Message Protocol)
4.7.1 IPを補助するICMP
4.7.2 主なICMPメッセージ
4.7.3 そのほかのICMPメッセージ
4.8 IP ヘッダ
■第5章 IPに関連する技術とIPv6
5.1 DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)
5.1.1 プラグ&プレイを可能にするDHCP
5.1.2 DHCPの仕組み
5.2 NAT(Network Address Translator)
5.2.1 NATとは
5.2.2 NATの仕組み
5.2.3 NATの問題点
5.2.4 NATの問題点の解決とNAT 越え
5.3 IPマルチキャスト
5.3.1 同時送信で効率アップ
5.3.2 IPマルチキャストとIGMP
5.4 IPトンネリング
5.5 通信品質の制御
5.5.1 通信の品質とは
5.5.2 通信品質を制御する仕組み
5.5.3 IntServ
5.5.4 DiffServ
5.6 明示的なふくそう通知
5.7 Mobile IP
5.7.1 Mobile IPとは
5.7.2 IP トンネリングとMobile IP
5.7.3 Mobile IPv6
5.8 IPv6(IP version 6)
5.8.1 IPv6が必要な理由
5.8.2 IPv6の特徴
5.8.3 IPv6でのIPアドレスの表記方法
5.8.4 IPv6アドレスのアーキテクチャ
5.8.5 グローバルユニキャストアドレス
5.8.6 リンクローカルユニキャストアドレス
5.8.7 ユニークローカルアドレス
5.8.8 IPv6での分割処理
5.9 ICMPv6
5.9.1 ICMPv6の役割
5.9.2 近隣探索
5.10 IPv6のヘッダフォーマット
5.10.1 IPv6拡張ヘッダ
■第6章 TCPとUDP
6.1 トランスポート層の役割
6.1.1 トランスポート層とは
6.1.2 通信の処理
6.1.3 2つのトランスポートプロトコルTCPとUDP
6.1.4 TCPとUDPの使い分け
6.2 ポート番号
6.2.1 ポート番号とは
6.2.2 ポート番号によるアプリケーションの識別
6.2.3 IPアドレスとポート番号と
プロトコル番号による通信の識別
6.2.4 ポート番号の決め方
6.2.5 ポート番号とプロトコル
6.3 UDP(User Datagram Protocol)
6.3.1 UDPの目的と特徴
6.4 TCP(Transmission Control Protocol)
6.4.1 TCPの目的と特徴
6.4.2 シーケンス番号と確認応答で信頼性を提供
6.4.3 再送タイムアウトの決定
6.4.4 コネクション管理
6.4.5 TCPはセグメント単位でデータを送信
6.4.6 ウィンドウ制御で速度向上
6.4.7 ウィンドウ制御と再送制御
6.4.8 フロー制御(流量制御)
6.4.9 ふくそう制御(ネットワークの混雑解消)
6.4.10 ネットワークの利用効率を高める仕組み
6.4.11 TCPを利用するアプリケーション
6.5 その他のトランスポートプロトコル
6.5.1 UDP-Lite(Lightweight User Datagram Protocol)
6.5.2 SCTP(Stream Control Transmission Protocol)
6.5.3 DCCP(Datagram Congestion Control Protocol)
6.6 UDPヘッダのフォーマット
6.7 TCPヘッダのフォーマット
■第7章 ルーティングプロトコル(経路制御プロトコル)
7.1 経路制御(ルーティング)とは
7.1.1 IPアドレスと経路制御
7.1.2 スタティックルーティングとダイナミックルーティング
7.1.3 ダイナミックルーティングの基礎
7.2 経路を制御する範囲
7.2.1 インターネットにはさまざまな組織が接続されている
7.2.2 自律システムとルーティングプロトコル
7.2.3 EGPとIGP
7.3 経路制御アルゴリズム
7.3.1 距離ベクトル型(Distance-Vector)
7.3.2 リンク状態型(Link-State)
7.3.3 主なルーティングプロトコル
7.4 RIP(Routing Information Protocol)
7.4.1 経路制御情報をブロードキャストする
7.4.2 距離ベクトルにより経路を決定
7.4.3 サブネットマスクを利用した場合のRIPの処理
7.4.4 RIPで経路が変更されるときの処理
7.4.5 RIP2
7.5 OSPF(Open Shortest Path First)
7.5.1 OSPFはリンク状態型のルーティングプロトコル
7.5.2 OSPFの基礎知識
7.5.3 OSPFの動作の概要
7.5.4 階層化されたエリアに分けてきめ細かく管理
7.6 BGP(Border Gateway Protocol)
7.6.1 BGPとAS番号
7.6.2 BGPは経路ベクトル
■第8章 アプリケーションプロトコル
8.1 アプリケーションプロトコルの概要
8.2 DNS(Domain Name System)
8.2.1 IPアドレスを覚えるのはたいへん
8.2.2 DNSの登場
8.2.3 ドメイン名の構造
8.2.4 DNSによる問い合わせ
8.2.5 DNSはインターネットに広がる分散データベース
8.3 WWW(World Wide Web)
8.3.1 インターネットブームの火付け役
8.3.2 WWWの基本概念
8.3.3 URI(Uniform Resource Identifier)
8.3.4 HTML(HyperText Markup Language)
8.3.5 HTTP(HyperText Transfer Protocol)
8.3.6 JavaScript、CGI、クッキー
8.3.7 TLS/SSLとHTTPS
8.4 電子メール(E-Mail)
8.4.1 電子メールの仕組み
8.4.2 メールアドレス
8.4.3 MIME(Multipurpose Internet Mail Extensions)
8.4.4 SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)
8.4.5 POP(Post Office Protocol)
8.4.6 IMAP(Internet Message Access Protocol)
8.5 遠隔ログイン(TELNETとSSH)
8.5.1 TELNETの仕組み
8.5.2 SSH
8.6 ファイル転送(FTP)
8.7 ネットワーク管理(SNMP)
8.7.1 SNMP(Simple Network Management Protocol)
8.7.2 MIB(Management Information Base)
8.7.3 RMON(Remote Monitoring MIB)
8.7.4 SNMPを利用したアプリケーションの例
8.8 マルチメディア通信
8.8.1 マルチメディア通信を実現する技術
8.8.2 H.323
8.8.3 SIP(Session Initiation Protocol)
8.8.4 RTP(Real-Time Protocol)
8.8.5 デジタル圧縮技術
8.9 LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)
■第9章 物理層、伝送媒体と公衆通信サービス
9.1 物理層とは
9.2 0と1の符号化
9.3 コンピュータを結ぶ通信媒体
9.3.1 同軸ケーブル
9.3.2 ツイストペアケーブル(より対線)
9.3.3 光ファイバーケーブル
9.3.4 無線
9.4 公衆通信サービス
9.4.1 アナログ電話回線
9.4.2 携帯電話、PHS
9.4.3 ADSL
9.4.4 FTTH(Fiber To The Home)
9.4.5 ケーブルテレビ
9.4.6 専用回線(専用線)
9.4.7 VPN(Virtual Private Network)
9.4.8 公衆無線LAN
9.4.9 その他の公衆通信サービス(X.25、フレームリレー、ISDN)
■第10章 ネットワーク利用環境とその変化
10.1 ネットワーク利用環境の変化
10.2 インターネットへの接続形態
10.2.1 ダイアルアップ接続
10.2.2 常時接続
10.2.3 一時的なIPアドレスと恒久的なIPアドレス
10.2.4 NAT(NAPT)によるインターネット接続
10.2.5 インターネットに接続するときの注意点
10.2.6 ファイアウォールを利用したインターネット接続
10.2.7 アプリケーションゲートウェイの利用
10.3 セキュリティ
10.3.1 ファイアウォール
10.3.2 暗号化
10.3.3 認証
10.3.4 IPsecとVPN
10.4 ネットワークの運用管理と更新
10.4.1 運用管理をとりまく状況
10.4.2 運用管理のガイドライン
10.4.3 運用管理、更新のサイクル化
10.5 IPv6と今後のネットワーク
10.5.1 NAT(NAPT)とアプリケーションゲートウェイの問題点
10.5.2 IPv6になると何が変わる
10.5.3 IPv6時代のネットワーク
10.5.4 IPv6普及と今後のネットワーク
付録
付.1 インターネット上の便利な情報
付.2 クラスフルでのアドレス
付.2.1 クラスA
付.2.2 クラスB
付.2.3 クラスC
索引
  • ここでは「マスタリングTCP/IP 入門編 第4版」の図面ファイルを提供しています。
  • これらの図面ファイルは、「マスタリングTCP/IP 入門編 第4版」を利用した講義、講習、セミナーなどで、PowerPointやOHPなどによるプレゼンテーション、プリント、試験問題などに使用することができます。ただし、講師、受講者の全員が、本書を購入し、所有していることが利用の条件となります。また、利用にあたっては、図面右下にある「出典:マスタリングTCP/IP 入門編 第4版」を削除しないでください。
  • これらの図面ファイルは利用に制限のある素材です。前項のすべてを満たした場合にのみ利用できます。この条件を満たさない利用、また下の【禁止事項】にあたるような利用については、一切これを禁じます。
  • これらの図面ファイルの著作権は、著者(竹下隆史、村山公保、荒井透、苅田幸雄)に帰属します。
  • これらの図面ファイルの再配布を禁止します。

【禁止事項】

  • 「マスタリングTCP/IP 入門編 第4版」を利用した講義、講習、セミナーは行っているが、それとは異なる他のカリキュラム、コース、資料にこの図面ファイル類を利用すること。
  • この図面ファイルを収録した配布資料、試験問題などを有償で再配布すること。ただし、講義、講習、セミナー全体が有償であり、それに付随する個別の資料を有償としていない場合は許容します。

  • TCPIP4_fig01.zip(約13.5MB;「マスタリングTCP/IP 入門編 第4版」の図面ファイルを各章ごとのフォルダに分けて保存してあります。利用にあたってはreadme.txtをお読みください。)