本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

ラクラクわかる!5類消防設備士 集中ゼミ

ラクラクわかる!5類消防設備士 集中ゼミ

  • 著者オーム社
  • 定価2,484円 (本体2,300円+税)
  • 判型A5
  • 256頁
  • ISBN978-4-274-21919-1
  • 発売日2016/07/26
  • 発行元オーム社

わかりやすい!5類消防設備士の短期集中学習書の決定版!!

 本書は、1項目を見開き2頁で読みやすくまとめています。左頁に【本文解説】を、右頁に【問題/解説】を配置し、『解答のテクニック』や『マメ知識』『学習法のヒント』などを適宜加えて、受験に役立つよう工夫しました。
 最新出題傾向の完全分析にもとづき、合格に必要なポイントをおさえた5類消防設備士の受験対策書です。
1学期 筆記試験対策
レッスン1 関係法令1
1-1 消防関係の用語1(基礎編)
1-2 消防関係の用語2(建築関連編)
1-3 消防の任務・組織・措置・命令
1-4 防火対象物と消防対象物
1-5 特定防火対象物
1-6 特定一階段等防火対象物
1-7 防火管理と防火対象物の点検
1-8 防炎規制・危険物規制
1-9 消防用設備等
1-10 適用単位の特例
1-11 遡及・不遡及
1-12 消防設備士制度
1-13 消防用設備等の届出
1-14 消防用設備等の点検
1-15 検定制度と認定制度
レッスン2 関係法令2
2-1 避難器具の設置義務
2-2 各階に適応した避難器具
2-3 避難器具の設置個数の減免
2-4 収容人数の算定
2-5 避難器具の設置位置と特定一階段等防火対象物
レッスン3 避難器具の構造と機能
3-1 避難器具の種類
3-2 金属製避難はしごの種類
3-3 金属製避難はしごの構造
3-4 金属製以外の避難はしごの構造
3-5 緩降機の構造
3-6 救助袋の構造
3-7 すべり台の構造
3-8 避難器具用ハッチの構造
3-9 その他の避難器具
レッスン4 避難器具の設置
4-1 避難器具特有の用語と設計荷重
4-2 操作面積と開口部
4-3 標識と格納など
4-4 避難はしごの設置基準
4-5 緩降機の設置基準
4-6 救助袋の設置基準
4-7 すべり台の設置基準
4-8 避難器具用ハッチの設置基準
4-9 その他の避難器具の設置基準
レッスン5 避難器具の施工方法
5-1 取付具の材料と鋼材の強度
5-2 固定方法の種類
5-3 金属拡張アンカー工法
5-4 溶接工法と貫通工法
5-5 避難器具用ハッチの固定方法
5-6 斜降式救助袋の固定環の取付け
レッスン6 機械に関する基礎的知識
6-1 機械材料一般
6-2 材料の種類1(鉄鋼材料)
6-3 材料の種類2(その他の材料)
6-4 力とモーメント・力のつり合い・重心
6-5 荷重と応力とひずみ
6-6 はり・曲げとねじり
6-7 運動と運動量
6-8 仕事とエネルギーと摩擦
6-9 気体の法則
2学期 実技試験対策
レッスン1 写真鑑別
1-1 避難器具の構造
1-2 施工方法
1-3 試験・整備の方法
レッスン2 製図
2-1 固定ベースの考え方
2-2 収容人員の算出
2-3 設置位置等の製図
3学期 模擬試験
レッスン1 模擬試験(第1回)
レッスン2 模擬試験(第2回)

関連書籍