本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

新しい信号処理の教科書 ―信号処理の基本から深層学習・グラフ信号処理まで―

新しい信号処理の教科書 ―信号処理の基本から深層学習・グラフ信号処理まで―

  • 著者馬場口 登中村 和晃
  • 定価3,300円 (本体3,000円+税)
  • 判型A5
  • 270頁
  • ISBN978-4-274-22780-6
  • 発売日2021/11/20
  • 発行元オーム社

信号処理の基礎から最新の理論まで解説!

信号処理は、さまざまなセンサー(カメラ、マイクなど)から得られる信号(音響、画像、映像など)をディジタル化してコンピュータで処理し、瞬時に伝送するのに加え、インターネットで流通、共有させるために不可欠な技術分野です。信号処理によって、人間が聞きやすく、見やすく、分かりやすくし、さらには人間や機械がより高度な分析や判断を行うことを可能にします。

「IoT」や「ビッグデータ」においても、実世界に存在する無数のセンサーからの大規模データ(信号)が実時間で記録、保存、解析されることが前提となっており、「可視化」「見える化」「イメージング」などが実現されます。信号処理がなければ、現代のスマート社会は成り立たないといっても過言ではありません。

本書は、信号処理の大学学部レベルの教科書を想定して書かれていますが、大学院レベルの内容も含まれています。第13章「新しい信号処理」では、深層学習の基礎となるディープニューラルネットワークと、近年注目されているグラフ信号処理についてもふれています。また、本文中には多くの問いを設け、その解答も掲載しています。

試し読みをする
  • ここでは『新しい信号処理の教科書 ―信号処理の基本から深層学習・グラフ信号処理まで―』の演習問題の解答を提供しています。
  • このファイルは、『新しい信号処理の教科書 ―信号処理の基本から深層学習・グラフ信号処理まで―』の購入者が使用することができます。
  • このファイルの著作権は、著者(馬場口登、中村和晃)に帰属します。
  • このファイルの再配布を禁止します。

関連書籍