本文へスキップします。

h1_twあり

書籍編集局ブログ

編集部ブログ

【新刊情報】『Excelで学ぶ時系列分析―理論と事例による予測― [Excel2016/2013対応版]』7月8日発売!

書籍編集局ブログ (2016/06/29)

豊富な事例から予測手法のノウハウを解説!

978-4-274-21917-7.png

上田 太一郎 監修

近藤 宏 編著
高橋 玲子・村田 真樹・渕上 美喜・藤川 貴司・上田 和明 共著
ISBN:978-4-274-21917-7
定価(本体3,200円+税)
A5判/328頁

過去のデータから未来を予測する―たとえば、あなたが飲食店の仕入れ担当者としましょう。

「夏だなあ。今日は暑い。暑い時期に冷たい飲み物が売れている。だから翌日も売れるだろう」

といった予測は身近なものといえるでしょう。では、冷たい飲み物は翌日どれだけ売れると予測できるでしょうか。

「翌日になってみないとわからない」

はい、ごもっともです。

…が!これでは正解になりません。毎日こうした見通しでは、商売はたちまちのうちに行き詰まるでしょう。

「暑いから冷たい飲み物が売れる」というように、要因と結果に相関があるデータを時系列データと呼びます。この時系列データを精度高く読み解くカギこそが、時系列分析なのです。

本書は、2006年発行当初から好評を博した『Excelで学ぶ時系列分析と予測』の内容を見直し、Excel2016/2013に対応して発行するものです。

第1部で時系列分析の基礎を解説し、時系列分析の手法の仲間である単回帰分析、重回帰分析、成長曲線、最近隣法、灰色理論の理論を解説します。

第2部では平均株価、売り上げ、需要予測、製品寿命予測等の身近なデータを使ってExcelで解析・予測します。時系列分析の基本概念である「トレンド」「周期変動」「不規則変動」「季節変動」を中心に、各統計手法の基礎的な事項から実データによる予測事例までわかりやすく解説していきます。

Excelの機能で売り上げの予測について学んでみたい方はもちろん、企業のマーケティング部門の方や時系列分析の手法を知りたい方・統計学のサブテキストをお求めの方におすすめの一冊です!

●主要目次●

第1部 時系列分析(解説編)

第1章 時系列分析とは

第2章 単回帰分析

第3章 重回帰分析

第4章 成長曲線

第5章 従来の予測手法

第6章 最近隣法

第7章 灰色理論

 

第2部 時系列分析(解説編)

第8章 単回帰分析による予測

第9章 重回帰分析による予測

第10章 成長曲線による予測

第11章 最近隣法による予測

第12章 灰色理論による予測

第13章 予測精度を上げるために

 

<楫野>